アイコン

箕面有料道路(箕面グリーンロード) 

箕面市北部、豊能町、能勢町、京都府亀岡市等と大阪方面を結ぶ快適ロード

危険物運搬の制限

危険物を積載する車両の箕面トンネルの通行の禁止又は制限品目

平成19年5月28日改定

   通行禁止品目


1.火薬類及び火薬類以外の爆発性物質

火薬類
ジアゾニトロフェノール
テトラセン
その他火薬類取締法に規定する起爆薬
四硝酸ペンタエリスリット
ニトログリコール
ニトログリセリン
その他火薬類取締法に規定する爆発の用途に供せられる硝酸エステル
煙火(がん具煙火を除く)
火薬類以外の爆発性物質
ニトロメタン
その他これと同程度以上の爆発性を有するもの


2.毒物・劇物及びその他の有毒性物質

毒物
塩化シアノゲン
シアン化水素
四アルキル鉛
ホスゲン
劇物
クロルピクリン
毒物・劇物以外の有毒性物質
二酸化窒素(四酸化窒素)
その他これと同程度以上の毒性を有するもの


3.水又は空気と作用して発火性を有する物質

水又は空気と作用して発火性を有する物質
シラン
ジシラン
トリシラン
ホスフィン
その他これらと同程度以上の発火性を有するもの



   通行制限品目


・積載することができる車両は、普通自動車及び四輪以上の小型自動車(道路運送車両法第3条に定めるもの)

1.火薬類及びがん具煙火

火薬 積載数量 その他
黒色火薬
無煙火薬
その他火薬類取締法に規定する火薬
10キログラム以下   火薬類取締法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
爆薬 積載数量 その他
カーリット
ダイナマイト
硝安爆薬
テリトル
トリニトロトルエン
トリメチレントリニトロアミン
ピクリン酸
その他火薬類取締法に規定する爆薬
5キログラム以下 火薬類取締法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
火工品 積載数量 その他
工業雷管
電気雷管
信号雷管
100個以下 火薬類取締法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
導火管付き雷管 25個以下
銃用雷管 10,000個以下
実包
空包
1,000個以下
導爆線 100メートル以下
制御発破用コード 20メートル以下
導火線 2,000メートル以下  
信号えん管
信号火せん
100個以下
その他火薬類取締法に規定する火工品 その原料をなす火薬10キログラム又は爆薬5キログラム以下
がん具煙火 積載数量 その他
がん具煙火 その原料をなす火薬10キログラム又は爆薬5キログラム以下 火薬類取締法その他関係法令に定める事項を遵守すること。


2.高圧ガス

可燃性ガス及び毒性ガス 積載数量 容器の内容積 その他
亜酸化窒素
アセチレン
アンモニア
エタン
エチレン
エチレンオキシド(酸化エチレン)
塩化ビニル
塩化メチル(クロルメチル)
塩素
臭化メチル(プロムメチル)
水素
石油ガス
天然ガス
トリメチルアミン
二酸化硫黄(亜硫酸ガス)
ブタジエン
メチルエーテル
モノメチルアミン
硫化水素
六フッ化硫黄
その他高圧ガス保安法に規定する可燃性ガス及び毒性ガス
圧縮ガスの場合はガス容積60立方メートル以下


液化ガスの場合は600キログラム以下
120リットル未満 高圧ガス保安法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
酸素 積載数量 容器の内容積 その他
酸素 圧縮ガスの場合はガス容積60立方メートル以下

液化ガスの場合は600キログラム以下
120リットル未満 高圧ガス保安法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
不活性ガス 積載数量 容器の内容積 その他
アルゴン
空気
窒素
二酸化炭素
ネオン
ヘリウム
その他高圧ガス保安法に規定する可燃性ガス、毒性ガス及び酸素以外のガス
圧縮ガスの場合はガス容積90立方メートル以下

液化ガスの場合は18,000リットル以下
圧縮ガスの場合は、120リットル未満

液化ガスの場合は18,000リットル以下
高圧ガス保安法その他関係法令に定める事項を遵守すること。
注  圧縮ガスのガス容積は、温度零度、ゲージ圧力零キログラム毎平方センチメートルの状態に換算したときの容積である。


3.毒物又は劇物

毒物 積載数量 その他
フッ化水素
フッ化水素を含有する製剤
無機シアン化合物を含有する製剤(紺青、フェリシアン塩及びフェロシアン塩のいずれかを含有する製剤を除く)で液体状のもの
その他毒物及び劇物取締法に規定する毒物であって液体状のもの
1,000キログラム未満 毒物及び劇物取締法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
劇物 積載数量 その他
アンモニアを含有する製剤(アンモニア10%以下を含有するものを除く)
けいフッ化水素酸
ジメチル硫酸
臭素
ホルマリン(ホルムアルデヒド1%以下を含有するものを除く)
その他毒物及び劇物取締法に規定する劇物であって液体状のもの(次に掲げるものを除く)
1.水酸化トリアルキル錫、その塩類及びこれらの無水物並びにこれらのいずれかを含有する製剤
2.ロダン酢酸エチル及びこれを含有する製剤
1,000キログラム未満 毒物及び劇物取締法その他関係法令で定める事項を遵守すること。


4.消防法別表に掲げるもの

第一類・酸化性固体 性状等 積載数量 その他
塩素酸塩類
過塩素酸塩類
無機過酸化物
亜塩素酸塩類
臭素酸塩類
硝酸塩類
よう素酸塩類
過マンガン酸塩類
重クロム酸塩類
その他のもので危険物の規制に関する政令第1条第1項に定めるもの
前記に掲げるもののいずれかを含有するもの
第一類酸化性固体とは左記に掲げる物質で消防法別表備考第1号に掲げる性状を示すものとする。
第一種酸化性固体
50キログラム未満


第二種酸化性固体
300キログラム未満


第三種酸化性固体
1,000キログラム未満
消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
第二類・可燃性固体 性状等 積載数量 その他
硫化りん
赤りん
硫黄
@第二類・可燃性固体とは、左記に掲げる物質で消防法別表備考第2号に掲げる性状は引火性を示すものとする。
ただし、硫化りん、赤りん、硫黄及び鉄粉は同表備考第4号によるものとする

Aその他左記に掲げる物質については消防法別表備考第3号及び第5号から第7号によるものとする
100キログラム未満 消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
鉄粉 500キログラム未満
金属粉
マグネシウム
第一種可燃性固体
100キログラム未満

第二種可燃性固体
500キログラム未満
前記に掲げるもののいずれかを含有するもの
引火性固体 1,000キログラム未満
第三類・自然発火性物質及び禁水性物質  性状等 積載数量 その他
カリウム
ナトリウム
アルキルアルミニウム
アルキルリチウム
第三類・自然発火性物質及び禁水性物質とは、左記に掲げる物質で消防法別表備考8号に掲げる性状を示すものとする。
ただし、カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム及び黄りんは同表備考第9号によるものとする。
10キログラム未満 消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
黄りん 20キログラム未満
アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く)
アルカリ土類金属
有機金属化合物(アルキルアルミニウム及びアルキルリチウムを除く)
金属の水素化合物
金属のりん化合物
カルシウム又はアルミニウムの炭化物
その他のもので危険物の規制に関する政令第1条第2項に定めるもの

前記に掲げるもののいずれかを含有するもの
第一種自然発火性物質及び禁水性物質
10キログラム未満


第二種自然発火性物質及び禁水性物質
50キログラム未満


第三種自然発火性物質及び禁水性物質
300キログラム未満
第四類・引火性液体 性状等 積載数量 その他
特殊引火物 @第四類・引火性液体とは、左記に掲げる物質で消防法別表備考10号に掲げる引火性を示すものとする。

Aその他左記に掲げる物質については、消防法別表備考第11号から第14号までによるものとする。
50リットル未満 消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
第一石油類 非水溶性液体
200リットル未満

水溶性液体
400リットル未満
アルコール類 400リットル未満
第二石油類 非水溶性液体
1,000リットル未満

水溶性液体
2,000リットル未満
第五類・自己反応性物質 性状等 積載数量 その他
有機過酸化物
硝酸エステル類
ニトロ化合物
ニトロソ化合物
アゾ化合物
ジアゾ化合物
ヒドラジンの誘導体
ヒドロキシルアミン
ヒドロキシルアミン塩類
その他のもので危険物の規制に関する政令第1条第3項に定めるもの

前記に掲げるもののいずれかを含有するもの
@第五類・自己反応性物質とは、左記に掲げる物質で消防法別表備考18号に掲げる性状を示すものとする。

A左記に掲げる「前記に掲げるもののいずれかを含有するもの」については、消防法別表備考第19号によるものとする
第一種自己反応性物質
10キログラム未満



第二種自己反応性物質
100キログラム未満
消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。
第六類・酸化性液体 性状等 積載数量 その他
過塩素酸
過酸化水素
硝酸
その他のもので危険物の規制に関する政令第1条第4項に定めるもの

前記に掲げるもののいずれかを含有するもの
第六類・酸化性液体とは左記に掲げる物質で消防法別表備考20号に掲げる性状を示すものとする。
300キログラム未満 消防法その他関係法令で定める事項を遵守すること。

 1  性状等に掲げる性状の二以上を有する物品については、消防法別表備考第21号によるものとする。
 2  積載数量の欄に掲げる種別は、危険物の規制に関する政令別表3備考各号に定める分類をいう。


5.腐食性を有する物質

腐食性を有する物質 積載数量 その他
ナトリウムアミド 200キログラム未満 関係法令に定める事項を遵守すること。
塩化スルフリル 400キログラム未満


6.マッチ

マッチ 積載数量 その他
マッチ 50キログラム以下 関係法令に定める事項を遵守すること。


注)
1.通行制限品目に掲げる物質は、通行禁止品目に掲げる物質を含まないものとする。
2.通行制限品目に掲げる1〜4の物質で、1〜4の二以上に重複するものは、積載数量の厳しい方に含まれるものとする。
3.通行制限品目に掲げる品名の異なる危険物等を運搬するときの数量は、品名毎の危険物等の運搬しようとする数量を、それぞれ当該品名で定める積載数量で除し、それらの商を加えた和が1となる数量とする。